アジャイルコーチの道具箱 –… by Jimmy Janlén et al. [Leanpub PDF/iPad/Kindle]
アジャイルコーチの道具箱   –  見える化実例集
アジャイルコーチの道具箱 – 見える化実例集
$7.99
最低価格
$14.99
希望価格
アジャイルコーチの道具箱   –  見える化実例集

この本は 100%完全です

2016-04-20に完了

本書について

この本は、チームの協調とコミュニケーションを改善したり、行動を変えるための見える化の実例でいっぱいだ。アジャイルソフトウェア開発を行っているチームのために書かれている。

含まれるのは、あくまでも例にすぎない。それ以上でもそれ以下でもない。理論に基づく深い説明はない。アジャイルやスクラムの説明もしない。ゲーミフィケーションについての参照もない。脳が見える化をどう解釈し、見える化によって行動がどう変わるかについての議論もない。そのような情報が必要なら、ほかの本をあたってほしい。

この本に含まれる例がベストで、唯一の方法であると考える人もいるかもしれない。もちろん、そんなことはない。例ではあっても、ベストプラクティスではない。提案の1つと考えてほしい。チームのおかれた状況とニーズに合わせて、カスタマイズする必要がある。

この本は、通読するための本ではない。ざっと眺めて、行ったり来たりしながら読んでほしい。気に入ったものがあるだろうか。うまくいきそうなアイデアを自分で組み合わせてほしい。実験して評価しよう。よりよく進化させてもいいし、うまくいかなかったら捨ててもいい。

楽しんで!

This book is a translation into 日本語 of Toolbox for the Agile Coach - Visualization Examples which was originally written in English.

著者について

Jimmy Janlén
Jimmy Janlén

Jimmy supports teams, companies and leaders on their journey towards agile. He often holds seminars and courses on anything agile such as Scrum, agile transformation, agile leadership, teamwork and agile culture.

原田騎郎, 吉羽龍太郎, 川口恭伸, 高江洲睦, 佐藤竜也
原田騎郎, 吉羽龍太郎, 川口恭伸, 高江洲睦, 佐藤竜也

原田騎郎(@haradakiro):ソフトとハードと同時に改善するほうほうを探している人。見える化は面白い。

吉羽龍太郎(@ryuzee):アジャイル、クラウド、DevOpsのコンサルティングをフリーで提供している。

川口恭伸(@kawaguti) : ユーザーストーリーマッピングと強粘着ポストイットをこよなく愛する、実感駆動アジャイルコーチ。

高江洲睦(@takaesu0) : 沖縄人。てーげーと言えばこの人。この人といえばてーげー。

佐藤竜也(@satoryu) : 楽天株式会社 コーポレート情報技術部所属。孤高のRubyist。

Leanpubは無条件かつノーリスクで100%の満足を保証します

Leanpubでお買い上げいただいた書籍は、ご購入後45日以内であれば全額返金いたします。払い戻しはわずか2クリックで完了します。払い戻し処理は手作業で行うため、完了まで数日かかる場合があります。詳しくは利用規約をご覧ください。

Write and Publish on Leanpub

Authors and publishers use Leanpub to publish amazing in-progress and completed ebooks, just like this one. You can use Leanpub to write, publish and sell your book as well! Leanpub is a powerful platform for serious authors, combining a simple, elegant writing and publishing workflow with a store focused on selling in-progress ebooks. Leanpub is a magical typewriter for authors: just write in plain text, and to publish your ebook, just click a button. It really is that easy.

Learn more about writing on Leanpub