Laravel 4 Cookbook  日本語版
Laravel 4 Cookbook 日本語版
$19.99
最低販売価格
$29.99
希望販売価格
Laravel 4 Cookbook  日本語版

本書は2014-07-04に更新されました。

本書について

(翻訳者注:この書籍はLaravel4.0〜4.2までの間に章が追加されました。Laravel自身も、その他に使用しているパッケージもバージョンアップされ、内容と一致していない部分があります。以下の説明文では進行中となっていますが、既に半年新しい章が追加されておらず、また原文の章の進行は11/11となっており、これ以上章が追加される可能性は低いようです。)

簡単に紹介します。この電子書籍ではLaravel 4フレームワークで構築された、様々なプロジェクトを提供します。今現在、5章、160ページあります。1月末までに、更に7章を追加し完成する予定です。計算すると、500ページ程度になりますが、19ドルでしたら、お安いでしょう?追加される章、更新、修正はもちろん無料です。売上の半分はLaravelフレームワークを作成したTaylor Otwell氏の素晴らしい働きに対して、寄付します。(翻訳版でも、Otwell氏に半分寄付されています。)(翻訳者追加:どうやら、著者は新たな記事の追加をやめてしまったようです。)

私はLaravel4をもっと効果的に使用する方法を学んでいる最中に、いくつかの主題を皆さんと共有するのは、価値があることであると気づきました。

Mediumを選び(後でこれが苦痛の源となりました)、チュートリアルとしてまとめ始めていました。数時間後、それを公開しました…

その後、@laravelphpがその記事のリンクをリツイートしてくれました。その日の残りは、ステータスを眺めるのに費やしました。

そのチュートリアルはMediumのトップページに記載されました。それから、Laravelでの認証について知りたがっていた多くの読者がやってきて、@laravelphpのプロモーションを通じ、その記事は広く知られることとなりました。

それから、私は2週間毎にチュートリアルをリリースしています。

そのチュートリアルシリーズは、この電子書籍へと成長しました。多くの読者がMediumのチュートリアルを読んでいる一方で、何人かはそのプラットフォームに満足していませんでした。

チュートリアルのホスト先としてMediumを使い続けているのは、やむにやまれぬ理由があるのです。アップタイムは重要ですが、私の地区では何年も夜中に停電が起きています。自分でサーバーをホストしたくないのです。Mediumで使用している、単純で静的なテキスト形式も素晴らしいと思っているのです。

Mediumで続けたいとは思っていますし、他のプラットフォームでより多くの人々にこのチュートリアルを学んでもらいたいとも思っています。この本で、両方の思いが遂げられます。さらに3つ目の重要なことが…

それは、この本でLaravelへお返しをしたいと思っています。特に、素晴らしい仕事をしたTaylor Otwellさんへです。そのため、売上の半分をTaylorさんに寄付します。チュートリアルはMediumでいつでも無料でご覧いただけます。その内容はこの本と同じです。(もちろん、繰りかえしの部分は省略しています。)

もし、この本を購入してもらえるのでしたら、Laravelの将来に渡る開発、私のチュートリアルへ、手助けになります。

(原書は、Mediumにて無料で公開されています。)

This book is a translation into 日本語 of Laravel 4 Cookbook which was originally written in English.

著者について

Christopher Pitt
Christopher Pitt

Laravel好きのおっさんです。この書籍は内容に対し、値段が安くなっています。内容は公式ドキュメントに書かれていることを利用し、実際に簡単なアプリを作成し、実践しながら学んで行きます。内容はコマンドやパッケージ作成という本格的なものにまで及ぶため、初心者のかたが読めば、中級者になれるでしょう。著者のChrisは、気の良い青年です。もし、簡単な英語が使えるのでしたら、直接連絡を取ってみるのも良いでしょう。

Taylor Otwell
Taylor Otwell

Laravel好きのおっさんです。この書籍は内容に対し、値段が安くなっています。内容は公式ドキュメントに書かれていることを利用し、実際に簡単なアプリを作成し、実践しながら学んで行きます。内容はコマンドやパッケージ作成という本格的なものにまで及ぶため、初心者のかたが読めば、中級者になれるでしょう。著者のChrisは、気の良い青年です。もし、簡単な英語が使えるのでしたら、直接連絡を取ってみるのも良いでしょう。

Hirohisa Kawase
Hirohisa Kawase

Laravel好きのおっさんです。この書籍は内容に対し、値段が安くなっています。内容は公式ドキュメントに書かれていることを利用し、実際に簡単なアプリを作成し、実践しながら学んで行きます。内容はコマンドやパッケージ作成という本格的なものにまで及ぶため、初心者のかたが読めば、中級者になれるでしょう。著者のChrisは、気の良い青年です。もし、簡単な英語が使えるのでしたら、直接連絡を取ってみるのも良いでしょう。

協力者について

Dean Broadley
Dean Broadley

Cover Designer

Dean helps me with all my book covers. He's amazing!

Table of Contents

  • 謝辞
  • 前書き
  • この本の内容
  • なぜこの本を書いたのか
  • 認証
    • データベースを設定する
      • データベースに接続する
      • データベースドライバー
      • Eloquentドライバー
      • マイグレーションを作成する
      • モデルを作成する
      • 初期値設定クラス(Seeder)を作成する
    • 認証の設定
    • ログイン
      • レイアウトビューを作成する
      • ログインビューの作成
      • ログインのアクションを作成する
      • ユーザー認証
      • 入力と一緒にリダイレクトする
      • 認証情報
    • パスワードリセット
      • パスワードリセットビューを作成する
      • パスワードリセットアクションを作成する
    • ユーザー認証に取り掛かる
      • プロファイルページを作成する
      • フィルターを作成する
      • ログアウトアクションを作成する
  • アクセスコントロールリスト
    • グループの管理
      • マイグレーションをリファクタリングする
      • グループの一覧表示
      • グループの追加
      • グループの編集
      • グループの削除
    • ユーザーとリソースの追加
      • マイグレーション・モデル・リレーションの追加
      • ビューの追加
      • リソースの初期値設定(シーディング)
      • リレーションの保存
    • ルートを進化させる
  • デプロイ
    • パッケージ依存
    • 動作環境コマンド
      • 環境をチェックする
      • 環境を設定する
      • 環境を削除する
    • アセットコマンド
      • アセットを結合する
      • アセットの圧縮(minify)
      • アセットのビルド
      • アセットの監視
      • リソース監視統合のバグ
    • Rsync
    • 配布コマンド
      • 配布用のファイルをコピーする
      • 開発ファイルを削除する
      • リモートサーバーとファイルを同期する
    • コマンドの移植性
    • プリプロセッサ−
    • 画像
  • API
    • 依存パッケージ
    • Artisanを使用しリソースを生成する
    • Generatorsでリソースを生成する
      • マイグレーションの生成
      • シーダー(初期値設定クラス)を生成する
      • モデルを生成する
      • コントローラを生成する
    • モデルをルートと結びつける
    • エイリアスのトラブルシューティング
    • 最終的なテストを行う
    • リクエストを認証する
    • アクセサーとミューテターを使用する
    • キャッシュを使用する
  • パッケージ
    • Composer
    • 依存注入
    • 制御の逆転
    • サービスプロバイダー
    • コードの組織化
    • 設定ファイルの公開
    • composer.jsonを作成する
    • Packagistへパッケージを送信する
    • テストに対する注意
  • リアルタイムチャット
    • 依存パッケージ
      • Bootstrap
      • EmberJS
      • Ratchet
    • ReactPHP
    • Ratchet
    • ユーザーインターフェイスを作成する
      • ビューを作成する
      • EmberJSアプリを作成する
    • サービスプロバイダーの作成
      • チャットハンドラーを作成する
      • ソケットラッパーを作成する
    • サーバーコマンドの作成
      • ソケットサーバーに接続する
    • ユーザーインターフェイスを書く
      • チャットメッセージを表示する
      • チャットメッセージを送信する
      • テンプレートを仕上げる
    • Nginxについて
  • 複数サイト
    • オペレーティングシステムに関する注意
    • サーバーの準備に関する注意
    • ドイツ語について
    • 仮想ホスト
      • 仮想ホストを追加する
      • Apache2の仮想ホストを作成する
      • Nginx仮想ホストを作成する
    • 環境
      • ローカル環境でコマンドを実行する際の注意
      • サイト限定のビューを使用する
      • サイト限定のルートを使用する
    • 翻訳
      • 言語指定を使用する
      • パッケージの中で言語指定を使用する
      • 翻訳結果のキャッシュ
    • 多言語のためのルートを作製する
    • 多言語コンテンツを作成する
  • eコマース
    • まともな考え方
    • 初めましょう
    • Laravel4のインストール
    • 他の依存パッケージをインストールする。
      • AngularJS
      • Bootstrap
      • DOMPDF
      • Stripe
      • Faker
    • データベースオブジェクトを作成する
      • マイグレーションの作成
      • モデルの作成
      • 初期設定クラス(シーダー)を作成する
    • APIを作成する
      • カテゴリーと商品の管理
      • アカウントの管理
      • 注文の管理
    • AngularJSでサイトを作成する
      • インターフェイスの作成
      • インターフェイスを動的にする
      • 注文を完了する
    • 支払いを受け付ける
      • オーダーを作成する
      • サービスプロバイダーに取りかかる
      • 支払を受ける
    • PDFドキュメントを生成する
  • Laravel4組込みシステム
    • 部品を集める
    • 依存パッケージをインストールする
    • 間違いについて
    • インターフェイスを作成する
    • ソケットサーバーを作成する
    • Arduinoへの接続
    • 回転させる
    • Webカムを取り付ける
      • OSXにImageSnapをインストールする。
    • Ubuntu/DebianにStreamerをインストールする
      • 写真をインターフェイスに表示する
  • ファイルベースCMS
    • 依存パッケージをインストールする
    • テンプレートの表示
    • メタデーターを集める
    • レイアウトを作成する
    • ページの作成
    • コンテンツの表示
    • CMSの拡張
  • コントローラーのテスト
    • 依存パッケージのインストール
    • 「ユニット」対「機能」対「受け入れ」
      • ユニットテスト
      • 機能テスト
      • 受け入れテスト
    • 書いているのはユニットテスト?機能テスト?
    • 太り過ぎのコントローラー
    • サービスプロバイダー
    • 依存の注入
    • テストとは関係ないじゃん!
    • 落とし穴
    • 別の手法
  • Laravel4のインストール

Authors have earned$8,253,833writing, publishing and selling on Leanpub,
earning 80% royalties while saving up to 25 million pounds of CO2 and up to 46,000 trees.

Learn more about writing on Leanpub

Leanpubは無条件かつノーリスクで100%の満足を保証します

Leanpubでお買い上げいただいた書籍は、ご購入後45日以内であれば全額返金いたします。払い戻しはわずか2クリックで完了します。払い戻し処理は手作業で行うため、完了まで数日かかる場合があります。詳しくは利用規約をご覧ください。

Free Updates. Free App. DRM Free.

If you buy a Leanpub book, you get free updates for as long as the author updates the book! Many authors use Leanpub to publish their books in-progress, while they are writing them. All readers get free updates, regardless of when they bought the book or how much they paid (including free).

Most Leanpub books are available in PDF (for computers), EPUB (for phones and tablets), MOBI (for Kindle) and in the free Leanpub App (for Mac, Windows, iOS and Android). The formats that a book includes are shown at the top right corner of this page.

Finally, Leanpub books don't have any DRM copy-protection nonsense, so you can easily read them on any supported device.

Learn more about Leanpub's ebook formats and where to read them

Write and Publish on Leanpub

Authors and publishers use Leanpub to publish amazing in-progress and completed ebooks, just like this one. You can use Leanpub to write, publish and sell your book as well! Leanpub is a powerful platform for serious authors, combining a simple, elegant writing and publishing workflow with a store focused on selling in-progress ebooks. Leanpub is a magical typewriter for authors: just write in plain text, and to publish your ebook, just click a button. It really is that easy.

Learn more about writing on Leanpub